マカが不妊改善に効果がないと言われる理由

マカが不妊症治療に効果があるということ自体に医学的な根拠がないと言う医師もいます。

ですがその一方でマカが持つ様々な効能が不妊治療に確かな効果を発揮するという声があることも事実です。

 

何故、このように意見が割れてしまうのでしょうか?
これには、考え方の違いが原因として挙げられます。

 

マカが直接不妊を改善してくれるというわけではないといえば、マカが“不妊治療に改善効果を発揮してくれるとはいえない”ともいえるでしょう。
マカが効果を発揮してくれるのは、ホルモンバランスに対してです。
不妊そのものを改善してくれるというよりは、ホルモンバランスに働きかけてくれることで不妊の原因となっている月経不順などを正常化してくれ、その結果、妊娠しやすい体を作ってくれるということになるわけです。

 

つまりは、マカが作用するのは不妊という問題を解消するための過程に対してであり、極端な言い方をすれば“マカを摂取することで妊娠できる”というわけではないということ。
これが、マカが不妊治療に効果があると医学的には証明できない、その理由なのです。
不妊の理由も様々ですから、マカが作用することで改善効果が得られるタイプの不妊もあれば、マカの効果は全く関係ない不妊もあるわけですから、一概に必ずマカが効果を発揮して不妊を治療してくれる結果に繋がるといえないのも、マカが効果がないといわれている理由の1つと考えて良いでしょう。

 

医師によっては、マカが与える副作用などを考慮し、使用をおすすめしない、または避けるように指示する、服用することを禁止する・・・という医師もいますので、どうしてもマカを使用したいという人は、マカの使用を許してくれるところを見つけるようにしなければなりません。

マカが不妊治療に効果があるのは・・・

マカには、ホルモンバランスを整える効果というものがあります。

そのため、マカを服用することで、ホルモンバランスが変わってくることから更年期障害や月経不順など、様々なホルモンバランスと関わりがある悩みの改善効果に期待が持てるのです。
更年期障害や月経不順だけではなく、ダイエット効果をアップさせたり、糖尿病予防や鬱病の改善効果などにも期待ができるものでもあります。

 

特に、不妊治療に関してマカを服用していると改善効果が見られるという意見があり、これに関しても高い注目を集めています。
妊娠しづらい状況にある女性がマカを摂取することで妊娠することに成功したという話が多くあり、それによってマカが着目されるようになりました。

 

妊娠も、もちろんホルモンバランスが深く関わってくるものでもありますので、マカでホルモンバランスを整えることで妊娠しやすい体をつくることができるというのがこの効果の仕組みになっています。さらにいうと葉酸も一緒に摂ることが良いとされています。
これに関しては月経不順などが改善されることも大きく関係してくるといっても良いでしょう。

 

マカには植物エストロゲンという、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じ働きをする成分が含まれていますので、これが体内で作用しエストロゲンの量を整えることで月経不順を改善し、妊娠しやすい体を体内から作っていくということができるわけです。
月経不順の原因の多くはホルモンバランスの乱れによるものであり、更にその原因が疲労であったり、ストレスであったりなどした場合その全てにマカが改善効果を発揮してくれるので、不妊治療の一環としてマカを使用するというのは非常に有効な方法であるといえるのです。

原因が分からないならマカ

不妊の原因は2つあります。

もちろん、それぞれもっと細かく突き詰めれば更に多くの原因が出てくるわけですが、不妊の原因として挙げられるのは1つが生殖に関わる何らかの器官に問題があるケース。
そしてもう1つが、全く原因がはっきりしない、不明であるというケースです・

 

問題があったとしても、生殖に必要な器官に原因があるということが分かっていれば、それを治療することで不妊症も治すことができるという望みが見えてきますが、原因が分からないとなると、どうしたら不妊という問題を解決できるのか先が見えず、何も打つ手がないように感じてしまうこともあります。

 

マカは、この原因が分からない不妊を改善するのに効果があるとされています。
もちろん、ホルモンが正しく分泌されていないことが分かっている、整理周期が乱れてしまっているので、それを戻せば・・・という間接的な原因が分かっているときにマカを用いることもあります。
ですが、特に体に問題があるわけではないのに妊娠ができない・・・という見えない不妊の原因にマカは作用してくれるのです。
ホルモンバランスに働きかける効能があるとされていますが、全身の様々な機能が低下しているところに働きかける効果もありますので、ホルモンバランスだけではないところに効果を発揮することができます。
だからこそ、女性のみならず男性もマカを使用することで効果を得ることができるわけです。

 

普段の生活習慣のどこに不妊の原因が隠れているのか・・・。
意外と何でもないことのように思えるポイントが不妊へと繋がってしまっていることがあります。
多くの問題をマカで解決することができるので、原因が分からないけど妊娠できない、子供ができないという人はマカを使用して見る価値があるでしょう。

不妊の敵・ストレスもマカで解決

不妊に悩む女性が、余計に不妊の症状を悪化させてしまっている原因の1つが、ストレスです。

妊娠できないことへの焦りや不安、苛立ちといった感情が、ストレスとなり心に蓄積されていってしまう。
結局そのストレスは心だけではなく、体にも蓄積され不妊の症状が悪化してしまうことも珍しいことではありません。
不妊によるストレスの蓄積で余計に不妊が悪化してしまうという負のサイクルに落ちて行ってしまうわけですが、こういった問題はマカで解消することができると言われています。
というのも、マカは、ストレスを軽減する作用を持っているからです。
カルシウムが含まれており、イライラを抑える効果がありますし、ミネラル類も豊富に含まれているので、ストレスへの耐性がつき、ストレスが溜まりづらい、そしてストレスに負けない強い心と体づくりができるようになるのです。

 

ストレスが軽減されれば、ストレスホルモンによって変わってしまってた体内のリズムも段々と元通りになってきますので、生理が遅れていたり不規則できたりこなかったりしていた人も不順だった生理がきちんとくるようになったり、妊娠できないことに対する焦りなどがなくなることはなくてもそれがストレスとして大きく心と体の負担となってのしかかってくることをセーブすることができるようにもなります。

 

マカに含まれるビタミンとミネラル、そしてカルシウムはこういった効能もあるのです。
マカの持つストレスを消し去る効果と、ストレスに強くなる効果をダブルで手に入れ、上手にストレスをなくしていきましょう。