不妊治療とマカ > いざ妊娠してからもマカは摂取できる?

いざ妊娠してからもマカは摂取できる?

不妊治療の一環としてマカを服用することで不妊を改善できるわけですが、では実際にいざ妊娠できたときには、マカの服用はOKなのでしょうか?それとも、避けるべきなのでしょうか?

 

単刀直入に言えば、マカは妊娠中に摂取してもOKです。
というのも、マカを妊娠してから摂取することで、つわりによって栄養不足になってしまうこと自体を防ぐことができるという利点もあります。
つわりがひどい人ですと、食事が全くとれなかったり、とってもすぐに嘔吐してしまうなどといったことがありますので、自らの栄養素だけではなく、胎児への栄養素までも不足してしまう恐れがあります。
マカには様々な栄養素が含まれていますので、妊娠してからもマカを摂取することで、豊富な栄養素をとることができ、その結果母体も胎児も栄養不足になることなく、健康を維持できるわけです。

 

ただ、体質によってはマカが摂取できないこともあります。
医師が体質を考慮してNGを出すことがあるからです。
元々マカが体質に合わない人は、当然妊娠してから摂取することはできませんし、体質に合わないほどではなくても、服用している最中に副作用らしき影響が出た人も妊娠中にはその症状がより一層強く出る可能性がありますので、服用することは避けるべきであると言えるでしょう。

 

基本的には摂取してもOKということになっているのですが、人によっては服用することが出来ない場合もあると理解し、妊娠してからもマカの服用を続けたいという場合には担当の医師に相談して決めてもらうようにすると良いでしょう。

 

マカにどのタイミングで飲むという決まりはある?

 

マカを摂取するにあたって、その効果を適切に無駄にすることなく得るには、飲むタイミングというのが非常に重要になってきます。

 

とはいえ、基本的には、マカは食品ですからいつ飲んでも良いと言われているのも確かです。
その反面で、胃腸が弱い人は空腹時に飲むと胃が荒れやすくなってしまうこともありますので、まず体質によって飲むタイミングを変えないといけないというのも事実と言えます。

 

マカそのものを摂取する場合でも、サプリメントで摂取するにも、基本的には飲むタイミングは自由になるのですが、体質の問題さえクリアしてしまえば、摂取するのは食前でも食事中でも食後でも問題はないのです
不妊治療として用いるマカであれば、自分の摂取しやすいタイミングで服用すればきちんと適切な効果は得られますし、毎日継続して摂取さえしていれば、マカの栄養素が常に体内に充足している状態を作り出すことができますので、そうなれば問題がないわけです。

 

他のサプリメントになると、例えばマカと同じようにホルモンバランスに作用するプエラリアサプリメントなどは食前の空腹時に摂取したほうが吸収率が高くなる・・・などといった話もありますが、マカのサプリメントに関しては全くこういったことはありません。
飲みやすいタイミングで毎日自分の好きな時間に自由に飲めるというと、かなり便利ではありますがだからこそ飲み忘れてしまうリスクも高くなってしまうため、飲み忘れてしまうことにだけ注意して摂取を継続するようにしてください。